iPad版「Illustrator」10月21日リリース、App Storeで予約注文開始

iPad版「Illustrator」10月21日リリース、App Storeで予約注文開始

Adobeが2020年中にリリース予定と発表していた、iPad向け「Illustrator」の正式リリースが、10月21日と発表されました。App Storeで予約注文が開始されています。

「Illustrator」iPad版がいよいよ正式リリースへ

Illustrator-for-ipad.jpg

Adobeが2020年中にリリース予定としていた、「Illustrator」iPad版の正式リリースが、10月21日と発表されました。

iPad用アプリであるため、Apple Pencilやタッチ操作に最適化。手書きのスケッチをiPadで撮影してIllustratorに取り込み、撮影した写真をベクター化する機能なども用意されています。

Illustrator-ipad

「Illustrator」iPad版の機能 例

  • デバイス間のシームレスな接続:Illustratorで作成したものはすべてCreative Cloudに保存できるため、デスクトップとiPadのどちらからでも制作が行えます。
  • パワーと精度:アドビだからこそ提供が可能な精緻さと正確さを兼ね備えたIllustratorファイルをそのまま、劣化なく扱えます。通常の業務で作成するデザインの多くは、作成を始めてから完了するまでをすべてiPadで完結することができます。
  • 直感的なエクスペリエンス:時間のムダを省き、Illustratorを簡単かつ自然に使えるように、UIを抜本的に見直しています。
  • タブレットインターフェイスの活用:カメラやApple Pencilなどの活用で、今までになかった方法でデザインができます。例えば、手描きスケッチを撮影して取り込み、Illustrator iPad版を使ってベクターシェイプに変換することができます。
【CC道場 #319】Illustrator iPad版なんと先行プレビューですよ! - アドビ公式
開発中のIllustrator iPad版のスニーク | Adobe MAX Japan 2019 Keynote

Adobe Creative Cloudユーザーは無料で利用可能

「Illustrator」iPad版は、Adobe Creative Cloudに含まれます。Creative Cloudのメンバーであれば、無料で利用可能。

17,000種類を超えるフォント、20以上のカラーパレット、著名なクリエイターが案内する最新のライブストリーミング、ガイド付きチュートリアルなども付属。Illustratorで作成したものは、自動的にクラウドで同期され、デスクトップ版とシームレスな連携が可能です。

「Adobe Illustrator」をApp Storeで