PASMO、10月6日よりApple Payに対応

PASMO、10月6日よりApple Payに対応

PASMO協議会は10月1日、交通系ICカード「PASMO」を10月6日よりApple Payで利用できるようにすると発表しました。iPhoneやApple Watchに登録することで、交通系ICカードのPASMOと同じように利用できるようになります。

PASMOがApple Payに対応、10月6日から

pasmo-apple-watch.jpg

PASMO協議会が、10月6日よりApple PayでPASMOが利用可能になると発表しました。iPhoneやApple Watchに登録することで、交通系ICカードのPASMOと同様、電車やバスの交通利用や買物ができるようになります。

具体的なサービス内容や詳細は、サービス開始日に案内されるということです。

Android向けに提供されている「モバイルPASMO」と同等のサービス内容であれば、Apple Payに登録したPASMOへの入金チャージやオートチャージの設定、定期券の購入などがiPhoneから行うことができるようになります。

「モバイルPASMO」対応で、iPhoneで購入できる定期券エリアが拡大

これまでApple Payに対応した交通系ICカードはJR東日本のSuicaのみで、Apple Payに登録できる定期券はJR東日本経路内でしか購入できませんでした。

Android向け「モバイルPASMO」と同等の内容がApple Payに対応すれば、小田急や京王、京成、京急、東急などの経路内の定期が、iPhoneから購入できるようになります。