東京ディズニーランド・東京ディズニーシー、チケットの変動価格制導入 2021年3月20日入園分より

東京ディズニーランド・東京ディズニーシー、チケットの変動価格制導入 2021年3月20日入園分より

オリエンタルランドは12月22日、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーのチケットに、変動価格制を導入すると発表しました。2021年3月20日入園分のチケットから開始されます。

東京ディズニーリゾート、チケットが変動価格制に

tokyo-disney-land

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの入園チケットが、2021年3月20日入園分から変動価格制に変更されます。

変動価格制を導入する理由については、「入園者数の繁閑差を平準化し、さらなるテーマパーク価値向上に努めてまいります」と説明しています。

1デーパスポート(大人)は、現在の8,200円から8,200〜8,700円に変更。土日祝日、春休み、ゴールデンウィークなどは8,700円を予定。詳細は今後、公式サイトで案内されます。

「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のチケット価格

名称変動価格制チケット
20201年3月20日より
現在
20201年3月19日まで
大人中人小人大人中人小人
1デーパスポート8,200〜8,7006,900〜7,3004,900〜5,2008,2006,9004,900
入園時間指定パスポート
(10時30分〜)
7,700〜8,2006,500~6,9004,600~4,9007,7006,5004,600
入園時間指定パスポート
(12時〜)
7,300~7,7006,100~6,5004,300~4,6007,3006,1004,300

ディズニーホテル宿泊者向け「アーリーエントリーチケット」も販売へ

あわせてディズニーホテル宿泊者向けに、午前8時から入園できる「アーリーエントリーチケット」も販売すると発表しています。

対象となるパークは「東京ディズニーシー」のみ。対象期間は2021年2月20日〜3月31日入園分で、価格は3,000円。

パークへの入園には別途1デーパスポートの購入が必要になります。アーリーエントリーチケットを利用することで、他のゲストが入園するより先にアトラクションを楽しんだり、スタンバイパスを取得することができます。

ただしアーリーエントリーチケットでの入園時は、すべてのアトラクションや施設がオープンしているわけではありません。