【比較】「ahamo」「povo」「Softbank on LINE」新料金ブランドどれを選ぶ?

【比較】「ahamo」「povo」「Softbank on LINE」新料金ブランドどれを選ぶ?

携帯大手3社が3月より提供開始する、スマートフォン向けの新料金プランが出揃いました。それぞれに特徴がある新料金プラン。各社を横並びで比較してみました。

「ahamo」「povo」「Softbank on LINE」どう違う?

ahamo-povo-softbankonline.jpg
携帯大手3社の新料金ブランドが出揃う

携帯大手3社が3月より提供する、スマートフォン向け新料金プランが出揃いました。各社のプランを比較すると、それぞれに特徴があります。

それぞれ利用できる回線は「ドコモ」「Softbank」「au」の安定したネットワークですので、格安SIM(MVNO)と比較すると安定したデータ通信が可能。4Gだけでなく、5Gにも対応しています。auの5G対応は2021年夏予定。

各社で共通しているのは、「月間データ通信容量 20GB」「キャリアメールなし」「手続きはオンライン」「5G対応」といったところ。ですが、ドコモの「ahamo」は海外利用に対応していたり、Softbankの「Softbank on LINE」はLINEのデータ通信容量がノーカウントだったり、auの「povo」は他2社より500円安く、追加トッピング(オプション)が用意されているといった特徴があります。

ドコモ「ahamo」の特徴

  • 82の国で利用可

Softbank「Softbank on LINE」の特徴

  • LINEがギガノーカウント

au「povo」の特徴

  • 価格が最安値の2,480円
  • 5分までの無料通話なし
  • 用途にあわせた追加トッピング

三者三様といった状況ですが、データ通信が中心の利用をしているのであれば「povo」、海外でも利用したいのであれば「ahamo」、LINEのヘビーユーザーなら「Softbank on LINE」といったところでしょうか。

以下に、各社の新料金プラン比較表を作成したので参考にどうぞ。

「ahamo」「povo」「Softbank on LINE」比較表

ドコモ
「ahamo」
Softbank
「Softbank on LINE」
au
「povo」
月額料金2.980円2,980円2,480円
データ通信容量20GB20GB20GB
5分まで通話無料ありありなし
キャリアメールなしなしなし
各種割引なしなしなし
申込手続きオンラインオンラインオンライン
eSIM未定対応対応
5G対応対応対応(2021年夏)
データ容量超過時の通信速度最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
データ容量追加(1GB)500円500円500円
海外82の国で利用可未公表検討中
テザリング利用可利用可利用可
通話かけ放題オプション1,000円/月1,000円/月1,500円/月
手数料無料
※ 新規契約事務手数料
※ 機種変更手数料
※ MNP転出手数料
無料
※ 新規契約事務手数料
※ 機種変更手数料
※ MNP転出手数料
無料
※ 新規契約事務手数料
※ 機種変更手数料
※ MNP転出手数料(4月1日以降)
同ブランドからの乗り換え無料
※ 契約解除料
※ 番号移行手数料
※ 契約解除料なし
無料
※ 契約解除料
※ 番号移行手数料
※ 契約解除料なし
無料
※ 契約解除料
※ 番号移行手数料
※ 契約解除料なし
その他LINEがギガノーカウント
※ LINEトークやLINE通話がカウント対象外
追加トッピング
「データ使い放題 24時間」200円/24時間
「データ追加 1GB」500円/月
「5分以内通話かけ放題」500円/月
「通話かけ放題」1,500円/月

「ahamo」「povo」「Softbank on LINE」公式サイトなど

「ahamo」コンセプトムービー、公式サイト

【ahamo】コンセプトムービー #つながりによろこびを
ahamo | アハモ

「povo」コンセプトムービー、公式サイト

新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生
新発想の料金プラン「povo」誕生|au

「Softbank on LINE」公式サイト

SoftBank on LINE | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク