自分に合った備蓄を確認できるサイト「東京備蓄ナビ」が誕生。とても参考になります

自分に合った備蓄を確認できるサイト「東京備蓄ナビ」が誕生。とても参考になります

東京都は3月5日、家族構成などを入力することで、災害に備えた備蓄の品目や量を簡単に確認できる「東京備蓄ナビ」を公開しました。実際に試してみましたが、必要な備蓄の量に驚くとともに、備蓄が足りてないと実感させられました。

自分の家庭に合わせた備蓄を教えてくれる「東京備蓄ナビ」

tokyo-bichikunavi-1.jpg
東京備蓄ナビ

東京都が、いつくるかわからない災害に備えた「備蓄」について、何をどのくらい備蓄すればよいか案内する「東京備蓄ナビ」を公開しました。

一緒に住んでいる人の人数、性別、年代、ペットの有無、住まいの種類(戸建て/集合住宅)といった簡単な設問に答えるだけで、自分に合った備蓄の品目や量について簡単に確認ができます。

tokyo-bichikunavi-2.jpg
家族構成などの簡単な設問に答えるだけ
tokyo-bichikunavi-3.jpg

我が家の場合(男性・成人、女性・成人、子ども4歳、集合住宅、ペットなし)で必要な備蓄を確認してみたところ、以下のような結果になりました。

tokyo-bichikunavi-7.jpg
家族3人(うち子ども4歳が1人)に必要な備蓄

水59リットル、レトルトご飯59食など、我が家は備蓄が足りていないなと実感させられる結果でした。

東京都はあわせて備えに役立つ記事も公開。旧来の長期保存が可能なものを備蓄しておくのではなく、日常の食料を少し多めに買い、食べながら備蓄を回していく「ローリングストック法」などが紹介されています。

「3.11」から10年。災害への備えを振り返るタイミングとして、「東京備蓄ナビ」を確認してみては?

自分に合った備蓄を調べてみよう | 東京備蓄ナビ

「東京備蓄ナビ」は3月中にオープンソース化を予定

東京備蓄ナビは3月中にオープンソース化が予定されています。GitHubでソースコードが公開される予定。

東京都だけでなく、他自治体での活用や、外部のエンジニアからの指摘を反映し、機能強化もされていくそうです。

東京都防災アプリ
東京都防災アプリ
カテゴリ
ライフスタイル, ナビゲーション
販売元
Tokyo Metropolitan Government