YouTube、「低評価」のカウントを非表示にするテストを開始

YouTube、「低評価」のカウントを非表示にするテストを開始

YouTubeは3月31日、動画に対する「低く評価」ボタンでのカウント数を非表示にするテストを開始すると案内しています。一部ユーザーのみが対象で、今後数週間のうちにいくつかのデザインがテストされます。

「低評価」カウントは、クリエイターの心身に影響を与える可能性

youtube-dislike.jpeg

YouTubeが一部ユーザーを対象に、YouTube動画の下に表示される「高い評価」「低い評価」のデザインをテストすると案内しています。

テストは今後数週間のうちに開始され、「低い評価」の下にあるカウント数を非表示にしたデザインで、いくつかのパターンが実験されるとのこと。

YouTubeはこのテストについて、クリエイターから「高い評価」「低い評価」の数がクリエイターの心身に影響を与えたり、クリエイターの動画を標的とした「評価」キャンペーンのきっかけになったりするという声が寄せられていると説明。

そこで、クリエイターの体験を向上させ、視聴者からのフィードバックがクリエイターと共有されるためのテストとして「高い評価」や「低い評価」のカウントを表示しないデザインのテストをするとしています。

クリエイターは、YouTube Studioから評価のカウントは確認することができます。テストに選ばれたユーザーは、テストからオプトアウトする方法はなく、フィードバックから意見を求めるとのこと。

新しいデザインを正式に採用するかどうかは、フィードバックを注視して判断するとしています。