「iPhone 13」シリーズはノッチ幅が小さく、「iPhone 13 Pro Max」は本体サイズが小さく

「iPhone 13」シリーズはノッチ幅が小さく、「iPhone 13 Pro Max」は本体サイズが小さく

Appleが今秋似発表する予定の「iPhone 13」シリーズでは、ノッチ幅が小さくなるようです。Macお宝鑑定団Blogが伝えています。またMacお宝鑑定団Blogのdanbo氏によると、「iPhone 13 Pro Max」は本体サイズがわずかに小さくなるそうです。

「iPhone 13 Pro」シリーズはフロントカメラ位置が変更

iphone
Photo by Frederik Lipfert on Unsplash

Appleの情報に国内で最も詳しいMacお宝鑑定団Blogが2021年に登場すると見られる「iPhone 13 Pro(仮)」の3Dモックアップを入手し、現行モデルと比較したとする記事を公開しています。

記事によると、iPhone 13シリーズのスピーカーとマイクの位置は、エッジ部分に寄せられたことにより、ノッチ内のカメラ類の配置が変更。一番左にフロントカメラが配置され、これまでスピーカーが配置されていた場所に、赤外線カメラや投稿イルミネーターが移動するとしています。

Alibaba:3D mock-up iPhone Pro 2021

この変更で、ノッチ幅は34.83mmから26.80mmとなり約8mm小さくなるそう。しかし高さは5.3mmから5.35mmとなり約0.05mm高くなるようです。

スピーカー位置の変更により、iPhone 12 Pro向けに販売されている画面保護フィルムは流用できなくなります。

なお本体サイズや背面カメラの位置やサイズはiPhone 12 Proと変わっていないため、保護ケースはiPhone 12シリーズのケースが利用できるようです。

「iPhone 13 Pro Max」は本体サイズが小さくなる

iPhone 13シリーズのノッチが小さくなる件については、3月31日にYouTubeチャンネル「Gadgetouch」のライブ配信(ガジェタッチPlus)でもdanbo氏が伝えていましたが、配信では「iPhone 12 Pro Max」についても言及。

danbo氏によると、「iPhone 13 Pro Maxだけ、ほんの僅かだけ小さくなる」「キチキチに作っているケースはぶかぶかになってしまう」とコメントしています。

【ガジェタッチPlus】WWDCどうなる?春の新製品とキャリアの行方