日清「フタ止めシール」を廃止、新形状のフタ「Wタブ」を採用

日清「フタ止めシール」を廃止、新形状のフタ「Wタブ」を採用

日清は6月4日、プラスチック原料の使用量削減のため「フタ止めシール」を廃止し、シールがなくても蓋を止められる新形状のフタ「Wタブ」を採用すると発表しました。6月より順次切り替えるとのこと。

フタ止めシールを廃止し、新形状のフタ「Wタブ」を採用

cupnoodle.jpg
新形状のフタ "Wタブ"

日清はプラスチック原料の使用量削減のため「フタ止めシール」を廃止し、シールがなくてもしっかり止められるよう開け口を2つにした新形状のフタ「Wタブ」を採用すると発表しました。2021年6月から順次切り替えていきます。

今回の変更は「カップヌードル DO IT NOW!」プロジェクトの一貫。"地球と人の未来のためにすべきこと、できることに今すぐ取り組んでいく"という活動で、フタ止めシールを廃止することで、プラスチック原料の使用量を年間で33トン削減できるとのこと。

前日には「さようなら、全てのフタ止めシール」と投稿し話題に

フタ止めシール(タックシール)が登場したのは1984年。映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を思わせる、突然の「さようなら全てのフタ止めシール」という投稿はTwitterで話題になっていました。

drip公認バリスタ