M1X搭載MacBook Proは「今後数カ月以内にリリース」、2022年後半にAppleシリコンへの移行完了

M1X搭載MacBook Proは「今後数カ月以内にリリース」、2022年後半にAppleシリコンへの移行完了

Appleの情報に詳しいBloombergのMark Gurman記者がニュースレター「Power On」を更新。Appleシリコンのロードマップについて説明されており、今後数カ月以内にM1Xチップを搭載した「MacBook Pro」がリリースされる予定としています。

Appleシリコンへの移行計画、2年間を「かろうじて達成」

Apple_new-macbookpro-wallpaper-screen_11102020

Appleは2020年、WWDCでAppleシリコンへの移行を発表し、移行期間は「2年」を想定していると発表しています。

2021年8月時点で、MacBook AirMac miniMacBook Pro(13インチ)、iMac(24インチ)のAppleシリコンモデルが登場していますが、MacBook Pro(上位モデル)やMac Proは発表されていません。

BloombergのMark Gurman記者によるニュースレター「Power On」によると、Appleシリコン移行計画は「2年間をかろうじて達成する」と説明しています。

Mark Gurman記者によるとM1チップの上位モデルとなる「M1X」を搭載した新型「MacBook Pro」が、今後数カ月以内にリリースされる予定で、その後すぐに上位モデルの「Mac mini」がリリースされるそうです。

2022年後半にはAppleシリコン搭載「Mac Pro」も登場

また2022年末までには「iMac」が完全に移行され、Appleシリコンを搭載した「Mac Pro」も2022年後半に登場する予定だとしています。

これまでの情報では、Appleシリコン搭載Mac Proは「PowerMac G4 Cube」のようなデザインになると報じられていて、「Mac miniを3〜4台積み重ねたようなデザインになる」とも言われています。

PowerMac-G4Cube.jpg
PowerMac G4 Cube / Photo by Carl Berkeley

Mac Proは高性能コアを16〜32個、高効率コアは4〜8個で構成される20コア〜40コアの仕様が予定されているといい、GPUは65〜128コアが選択できるとされています。

drip公認バリスタ