「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」でレシーバーから音がでない不具合、修理プログラム開始

「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」でレシーバーから音がでない不具合、修理プログラム開始

Appleは8月27日、ごく一部のiPhone 12とiPhone 12 Proで、レシーバーから音が出ない不具合が判明したとして無償修理プログラムを開始しています。

「iPhone 12 や iPhone 12 Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」開始

iphone-12-and-iphone-12-pro-service-program-for-no-sound-issues.jpg
Apple サポート

Appleによると、ごく一部の「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」で、レシーバーモジュールのコンポーネント故障が原因で、音の問題が起こる可能性があると判明したそうです。

電話をかけたり、電話がかかってきた時にレシーバーから音が出ない場合、この問題が発生している可能性があり、無償修理プログラムの対象となります。

現在確認されているのは、2020年10月〜2021年4月までに製造された「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」で、「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」では確認されていません。

無償修理を受けるには、Apple正規サービスプロバイダかApple Store直営店で手続きが必要。修理前にはAppleで実機検査を行い、修理プログラム適用対象か検証されます。

iPhone 12 や iPhone 12 Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム - Apple サポート
drip公認バリスタ