ワイヤレス充電規格「Qi2」発表、AppleのMagSafe技術がベース。2023年末に製品が登場

ワイヤレス充電規格「Qi2」発表、AppleのMagSafe技術がベース。2023年末に製品が登場

2023年1月5日

ワイヤレス充電技術の国際標準規格を策定するWireless Power Consortium(以下、WPC)は1月3日、新しいワイヤレス充電規格「Qi2」を発表しました。Qi2は、AppleのMagSafe技術が基礎となっており、対応した製品は2023年末に発売される予定です。

AppleのMagSafeを基礎として作られたワイヤレス充電の新規格「Qi2」

magsafe-qi2.jpg

ワイヤレス充電技術の国際標準規格を策定する業界団体であるWPCが、ワイヤレス充電の新規格「Qi2」(チーツー)を発表しました。

WPCは、「Qi認証を受けていないのにQiが動作する」など消費者から混乱の声が寄せられていると前置きし、WPCのエグゼクティブ・ディレクターのPaul Struhsaker氏は「このような混乱は、ユーザーの使い勝手の悪さや安全性の問題につながる可能性がある」と述べています。

Qi2は、WPCのメンバーであるAppleの「MagSafe」技術が基礎となっているといい、Qi2の核となるMagnetic Power Profileを開発。Qi2では、効率性と相互運用性が向上しているため、一部の機器では高速充電が可能とのこと。

Paul Struhsaker氏は、Qi2は磁石で充電器とデバイスを接続するため、エネルギー損失が少なく、効率よく充電が可能なため、サステナブルであると説明。また有線での充電と違い、プラグの破損やコードへのストレスに起因する廃棄物を大幅に削減できると述べています。

Qi2認証を受けた製品は、2023年末のホリデーシーズンに発売される予定。製品の詳細については明かされていませんが、Appleの「Made For MagSafe認証」を取得した充電器は、Qi2認証となるのでしょうか。

drip公認バリスタ