iPhone 16、全モデルに「改良されたアクションボタン」を搭載か

iPhone 16、全モデルに「改良されたアクションボタン」を搭載か

2

Appleが2024年に発売するiPhone 16(仮)では、すべてのモデルでアクションボタンを搭載する計画だと報じられています。またアクションボタンの機能をさらに拡張する計画のようです。

MacRumoursが、AppleはiPhone 16の全ラインナップにアクションボタンを搭載する計画であることを確認したと伝えています。

アクションボタンはiPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxに搭載されたもので、これまでのミュートスイッチを置き換える形で追加されています。

アクションボタンには「サイレントモード」「カメラ」「ショートカット」「ボイスメモ」など、さまざまな機能を割り当てることができます。

iPhone 15 Proのアクションボタン、ChatGPTの音声入力が良い感じ

iPhone 16のアクションボタンは、この機能をさらに拡張する計画で、ボタンは機械式から静電容量式のボタンに変更されるとのこと。改良されたアクションボタンは、コードネーム「Atlas」という名前で開発中で、Touch IDのホームボタンや、Macの感圧タッチトラックパッドと同じ機能を持つと予想されているそう。

MacRumoursは内部文書からの情報として、改良されたアクションボタンは、圧力の変化を検知するセンサーと「タクトスイッチ機能」を特徴としているが、「タクトスイッチ機能」が具体的に何を意味するのかは不明とのこと。

アクションボタンのサイズも試行錯誤されているそうで、一部のハードウェア構成では、iPhone 15 Proシリーズに搭載されているものより大きくなり、音量ボタンに近いサイズになっていると伝えています。