ディスプレイ内蔵のFace IDは2026年以降になりそう

ディスプレイ内蔵のFace IDは2026年以降になりそう

1

Appleは、LGイノテックが開発に乗り出したディスプレイ下にカメラを埋め込む「アンダーパネルカメラ(UPC:Under Panel Camera)」をiPhoneに採用する計画だと報じられています。

face-id

The Elecによると、LGイノテックがディスプレイの下にカメラを埋め込む「アンダーパネルカメラ(UPC:Under Panel Camera)」の先行開発に乗り出したと報じています。

このUPCは、AppleのiPhoneのフロントカメラをユーザーから見えないようにしたいという要望に備えるためで、UPCを採用したiPhoneの発売時期は2026年以降になると伝えています。

UPCはカメラがディスプレイの下に位置するため、一般的なフロントカメラと比較して、イメージセンサーに届く光量が少なくなります。そのため、UPCは撮影の品質には制限があります。

LGイノテックはこの課題を克服するため、特殊なレンズを開発していて、複数の出願された特許からその存在が確認されています。またLGディスプレイもUPC開発に乗り出していると言い、2023年までに光透過率を20%、2024根にこうに40%に引き上げることを目標としているそうです。