Twitter ブロックした相手はプロフィールを閲覧できなくするように変更、ブロックしたアカウントリストも追加

@JUNP_Nです。Twitterが「より安全にTwitterをご利用いただくために」ということで、ブロックしたユーザーから自分のプロフィールを見ることができなくなるように仕様変更を行うと発表しています。またブロックしたユーザーのリストも機能追加されています。

今後数週間のうちにすべてのユーザーが利用可能に

Webblock final 2 1

Twitterが「より安全にTwitterをご利用いただくために」とういことで、ブロック機能の仕様変更を行ったと発表しています。

Twitterのルールに違反した内容や嫌がらせツイートをするユーザーに対して報告する機能改善を行い、ブロック機能も改善。Web版のTwitterから「設定」を確認すると「ブロックしたアカウント」のリストを確認することができるようになっています。

今までは「ミュートしているアカウント」という項目はありましたが、その下に追加されるようです。この仕様変更は今後数週間のうちに全ユーザーが使うことができるようになります。

ブロックしたアカウントから自分のプロフィールは見れなくなる

また、今回の仕様変更ではブロックをすると、ブロックされた相手はこちらのプロフィールページを見ることができなくなるそうです。

逆を言えば、プロフィールページを見ることができないユーザーはブロックされているというこがわかってしまいます。

今まではブロックをすると、以下のことができなくなりましたが、今後はこれらに加えて「プロフィールページを見ることができなくなる」が追加されることになります。

  • 「フォローが強制解除」
  • 「再度フォローできなくなる」
  • 「リスト登録ができなくなる」
  • 「ダイレクトメッセージの送信ができなくなる」
  • 「ツイートのリツイート、お気に入り登録ができなくなる」
  • 「画像にタグ付けできなくなる」

Twitterのルールは「Twitterヘルプセンター | Twitterルール」から確認することができます。

source:Twitter Blogs

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング