Apple Music テイラー・スウィフトの抗議を受け、無料期間中でもアーティストへ印税を支払う方針へ

シェア数 アイコン 83

Apple Music テイラー・スウィフトの抗議を受け、無料期間中でもアーティストへ印税を支払う方針へ

@JUNP_Nです。テイラー・スウィフトがApple Musicに「1989」を提供しない理由をブログで公開し、Apple Musicへ抗議を行った。抗議を受けてAppleの上級副社長であるエディー・キュー氏がTwitterで無料期間中であってもAppleは必ずアーティストに報酬を支払うと発言しています。

テイラー・スウィフトがアルバム「1989」をApple Musicには配信しないと発表

Taylor swift 1989

img via:1989 (13 Tracks/International Standard Jewel Case)

テイラー・スウィフトがApple Musicの無料期間(3ヵ月)の間はAppleがアーティストに対して報酬を支払わないことを抗議した。シングル「Shake It Off」や「Blank Space」が含まれているアルバム「1989 (Deluxe)」をApple Musicでは配信しないとブログで理由を公開しました。

その理由は、Apple Musicの無料期間(3ヵ月)はアーティストへの印税も支払わないというのは、まだ売れていないアーティストにとっては致命的であり「私たちは無料でiPhoneをくださいとお願いしているわけではない。私達に無料で楽曲を提供しろと言わないで下さい。」と書かれています。

抗議を受けてApple上級副社長エディー・キュー氏がTwitterで反応

このテイラー・スウィフトの抗議が大きな話題となり、Apple上級副社長のエディー・キュー氏がTwitterで「Appleは無料期間中であってもアーティストに対して、必ず報酬を支払う」と方針を変更することを発言しています。

これを受けてテイラー・スウィフトも「Appleが私達の声に耳を傾けてくれてホッとしている」と投稿しています。

テイラー・スウィフトは今までにも世界最大の定額音楽配信サービス「Sportify」からも音楽を撤退させるなど、「音楽が無料」という評価をされてしまうようなことに対しては強く抗議を行ってきています。

今後Apple Musicでテイラー・スウィフトの最新曲を楽しむことができるのかは不明ですが、できることであればApple Musicで配信してもらいたいですね。