満員電車で通勤している人の味方、月額590円「痴漢冤罪保険」が大人気?!

シェア数 アイコン 299

満員電車で通勤している人の味方、月額590円「痴漢冤罪保険」が大人気?!

@JUNP_Nです。通称「痴漢冤罪保険」と呼ばれる「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険」が首都圏在住者に大人気だと話題になっているそうです。月額580円で痴漢と間違われたとき、すぐに弁護士にヘルプコールできる特典がついています。

痴漢冤罪は人生を左右する…痴漢と間違われた時に弁護士に無料で助けを求められる保険

Chikanenzaihoken

僕が通勤に利用している田園都市線の車内にも広告が貼ってあり面白い保険があるものだなと思っていましたが、NEWSポストセブンが「月額590円「痴漢冤罪保険」に申込殺到 首都圏在住者に人気」という記事を公開し話題になっていました。

痴漢冤罪保険という名称ではなく、正式には「男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険」という商品です。

ジャパン少額短期保険株式会社が販売しており、痴漢事件が起きた直後に被保険者が弁護士と電話できる「痴漢冤罪ヘルプコール」「痴漢被害ヘルプコール」が話題になっています。

Tokuten1 01

痴漢と間違われた時」「痴漢にあった時」に弁護士にすぐ相談して指示を仰げるだけでなく、事件発生後48時間以内に発生した「弁護士相談料」「接見費用」も保険から全額支給されます。

満員電車で通勤するには保険に入らなければいけないとか怖すぎる

満員電車に毎日乗らなければいけないサラリーマンとしては痴漢冤罪は超怖い話。痴漢冤罪詐欺のような手口も聴いたことがあります。

僕はもともと大井町線で通勤していましたが、大井町線は女子高生が多いのがイヤ(怖い)で、わざわざ田園都市線で通勤しています。田園都市線のほうが混んでいますが、周りを女子高生に囲まれる満員電車と、サラリーマンに囲まれる超満員電車なら圧倒的に後者のほうがいい。

最近は「痴漢抑制バッジ」というものも話題になっていましたが「男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険」は痴漢被害にあった際にも弁護士に相談ができます。

気になる方はこちらから ▶ 男を守る弁護士保険・女を守る弁護士保険