Google、アルゴリズム変動「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示」

シェア数 アイコン 84

Google、アルゴリズム変動「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示」

Googleが2月3日、日本の検索アルゴリズムの改善を発表。これにより、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになったとのこと。一部の「低品質サイト」への対策ではと推測されています。

検索アルゴリズムの改善、高品質サイトを上位表示に

Googleが検索アルゴリズムの改善を発表。今回のアップデートでは低品質サイトの順位が下がり、高品質サイトがより上位に表示されるようになったとのこと。

ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

また、今回の変更について「日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図している」とも発表されており、一部のキュレーションメディア騒動における対策ではないかと推測されています。

辻正浩氏、「対象はキュレーションメディアだけではない」

国内でSEO(検索エンジン最適化)の第一人者として知られる辻正浩氏は、「対象となっているのはキュレーションメディアだけでなく、情報が薄い、テキストを中心とした新興メディアが対象になっている」と指摘。

また、これまでに行われてきたGoogleの低品質サイトへの対策としては珍しく、日本独自の変更であり、今回はガイドライン違反とはいえないものの「問題のあるサイトを対象としたアルゴリズム調整」とも指摘しています。

さらに、今回は対象となったサイトであっても、検索結果上位から落ちずに残っているページも多く、アルゴリズムの反映が完了していない可能生もあるそうです。