Twitterで「最も拡散される時間帯」は?100万ツイートを調査した結果

シェア数 アイコン 222

Twitterで「最も拡散される時間帯」は?100万ツイートを調査した結果

@JUNP_Nです。株式会社AutoScaleが「ツイートの投稿時刻とリツイート数の相関」の調査結果を発表。100万ツイートを対象に調査したところ、最も拡散(リツイート)される時間帯が明らかになりました。

「ツイート数が多い時間帯」と「リツイートが多い時間帯」は違う!?

Twitter Share

株式会社AutoScaleが100万ツイートを対象に「ツイートの投稿時刻とリツイート数の相関」という調査を実施。その結果、「リツイート数のピーク」「ツイート数のピーク」が明らかになりました。

調査の結果、リツイート数のピークは「平日は5時・11時・15時・20時」「休日は8時・12時・14時・16時」だったとのこと。

Sub2 Sub3

ツイート数・投稿人数のピークは、平日休日関わらず、21時が最も多くなり、7時台・18時台に大きく増加する傾向があるとのこと。調査では「通勤時間帯」であることが関係しているのではと推測されています。

Main Sub1

この結果、「ツイートが多い時間帯」と「リツイートが多い時間帯」は比例関係にないことが見えてきました。

リツイート数が増えるのは平日は「11時・15時」、休日は「12時・14時」

調査では「5時〜15時の時間帯は受動的にタイムラインを閲覧するユーザーが多くリアクションが多くなる」「16時移行は能動的に投稿が増えるためリアクションが低くなる」と文責。

このことから、リツイートが最もされやすい時間帯は「平日11時・15時」「休日12時・14時」が望ましいとしています。