El Capitanで不要になった「ディスクのアクセス権の検証/修復」を手動で行う方法

シェア数 アイコン 150

El Capitanで不要になった「ディスクのアクセス権の検証/修復」を手動で行う方法

@JUNP_Nです。OS X El Capitanでは自動でシステムファイルを保護してくれるため、不要になったディスクユーティリティの「アクセス権の検証/修復」ですが、どうしても手動でやらないと気がすまないという人はMacの定番ユーティリティ/メンテナンスアプリ「Onyx」で行うことができますよ!

OS X El Capitanではディスクのアクセス権の検証/修復はユーザーが行う必要はない

「OS X El Capitan」ではシステムファイルは自動的に保護してくれる仕様に変更され、ディスクユーティリティから「アクセス権の検証/修復」という項目が消えました。

Macapp onyx update disc utility 1

消えたということは、ユーザーが自分で行う必要がなくなったということなのですが、今まで定期的に手動で行ってきたMacユーザーとしては手動で行いたいという気持ちも…。

どうしても「アクセス権の検証/修復」を手動でやりたいという人は方法がないわけではありません。

それでもアクセス権の検証を自分でやりたいという人はMac定番のユーティリティアプリ「Onyx」で可能

Macユーザーには定番のユーティリティ/メンテナンスアプリ「Onyx」(無料)が「ディスクのアクセス権の検証/修復」に対応しています。

Macapp onyx update disc utility 2

Onyx以外にも対応しているユーティリティ/メンテナンスアプリはありますが、どうしても手動でという方はまずOnyxをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

Titanium Software – OnyX