iOS 10、iPhoneでRAWでの撮影&現像が可能に

シェア数 アイコン 84

iOS 10、iPhoneでRAWでの撮影&現像が可能に

@JUNP_Nです。WWDC 2016で発表され、秋頃にリリースされる予定の「iOS 10」では、RAWデータを取り扱うことができるようになります。全てのiOS端末が対象になるわけではありませんが、これは期待。

A8プロセッサ、A9プロセッサを搭載したiOSデバイスでRAWデータの利用が可能に

Ios10 raw photos

IMAGE:Advances in iOS Photography

AppleがWWDC 2016の「Advances in iOS Photography」セッションで「iOS 10」ではiSightカメラ(外部カメラ)でRAW撮影が可能になることを案内しています。

以下が実際にデモでRAWでの撮影を行っている様子。iOS 10で搭載される「AVCapturePhotoOutput API」を利用しているそです。iPhoneの標準カメラでRAW撮影が可能になるのかは不明です。

Ios10 raw photos 1

IMAGE:Advances in iOS Photography

RAWでの撮影が可能になる端末は「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone SE」「iPad Pro(9.7インチ)」の4種類と案内されています。

Ios10 raw photos 2

IMAGE:Advances in iOS Photography

開発者向けに公開されている「iOS 10」のドキュメントによると、撮影はできないものの、A8もしくはA9プロセッサを搭載した端末でもRAWデータを扱うことは可能になるようです。

問題は増大するデータ容量、RAWデータをiPhoneで扱うことは現実的?

iPhoneが、デジタル一眼レフカメラのようなデータを利用できることになるになるというのは驚きですし、RAWで撮影、RAWを現像までがiPhoneでというのは凄い進化。

気になるのはデータ容量、仮に「RAW」で撮影した場合、20MB超のサイズになることは容易に想像できます。iPhoneの限られた容量の中でRAWで撮影をしていくのは厳しいかもしれないですね。