Google、40カ国語をリアルタイム翻訳できるイヤホン「Pixel Buds」を11月に発売へ

シェア数 アイコン 52

Google、40カ国語をリアルタイム翻訳できるイヤホン「Pixel Buds」を11月に発売へ

Googleは4日、同社で初めてとなるBluetoothヘッドホン「Pixel Buds」を発表しました。Appleの「AirPods」とは違い、ケーブルでつながっているタイプで、大きな特徴として40カ国語リアル・タイムで翻訳することが可能になっています。

ついにリアルタイム翻訳が身近に!Googleアシスタントがリアルタイム翻訳するイヤホン

Pixel-Buds-1
「Google Pixel Buds」

Googleは4日、サンフランシスコで開催したイベント「Made bu Google」で、同社発のBluetoothイヤホンとなる「Google Pixel Buds」を発表しました。

「Googleアシスタント」を搭載したイヤホンで、40カ国語に対応したリアルタイム翻訳機能「Google Translate on Pixel」を搭載なんと日本語も対象

Pixel-Buds-2

使い方は超簡単。右側のイヤホンのボタンを押して「英語を話すのを手伝って」などと話しかければ、自分が話した言葉を英語に翻訳。翻訳された言葉はスマートフォンのスピーカーから相手に伝えられます。

Pixel-Buds-5

1回の充電で使えるのは約5時間。充電ケースが付属しており、ケースに入れることで充電が可能。充電ケースとの併用で、最大24時間の再生が可能だということです。

Pixel-Buds-4

価格は159ドル(約18,000円)で、11月より発売。ですが、発売されるのはアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、オーストリア、シンガポールで、残念ながら日本では発売されないそう

さらに残念なことに「Pixel Buds」のリアルタイム翻訳の利用には、「Pixel」シリーズが必要

「Pixel Buds」はiPhoneなどでも、普通のBluetoothイヤホンとして利用可能ですが、Googleアシスタントの利用にはAndroid端末(Android 6.0以降)が必要。

Pixel-Buds-3

さらに、残念なことに注目のリアルタイム翻訳機能は「Pixel」か「Pixel 2」にした対応していないとのこと。魔法のようなイヤホンですが、使用条件がかなり厳しい……。