無料グループウェア「サイボウズLive」サービス終了へ、「注力すべきは有料サービスと判断」

シェア数 アイコン 44

無料グループウェア「サイボウズLive」サービス終了へ、「注力すべきは有料サービスと判断」

サイボウズ株式会社は24日、無料グループウェア「サイボウズLive」のサービス終了を決定したと発表しました。2019年4月15日をもってサービスの提供は終了となります。

「サイボウズLive」2019年4月15日でサービス終了

Cybozu live end
チームのためのスマホアプリ サイボウズLive

サイボウズ株式会社は、無料で利用できるグループウェア「サイボウズLive」のサービスを、2019年4月15日をもって終了するとを発表しています。

同サービスは2010年10月に正式にサービス提供を開始。さまざまなユーザーに利用され、2017年8月にはユーザー数は200万人を突破したものの、システムの老朽化などにより、抜本的な作り直しが必要で、大きな投資が必要になっていると説明。

一方、有料版グループウェアは堅調であり、ユーザーに快適に利用してもらうためには、こちらにも大きな投資が必要だと説明。その上で、注力すべきは有料版グループウェアと判断し、「サイボウズLive」の終了を決断したとのことです。

有料版への移行ツールはなし、サービス終了後一定期間でデータは削除

「サイボウズLive」の終了にあたり特設サイトが作られており、専用の相談窓口も用意されています。

よくある質問では、サービス終了後一定期間でデータが削除されることや、有料製品への移行ツールはないことなどが説明されています。また、有料サービスへの優待価格も検討しているとのことです。