「楽天カード」装いウィルスをダウンロードさせるメールが拡散、警視庁が注意喚起

シェア数 アイコン 64

「楽天カード」装いウィルスをダウンロードさせるメールが拡散、警視庁が注意喚起

警視庁は24日、楽天カード株式会社(楽天カード)を装い、ウィルスをダウンロードさせるメールが拡散しているとTwitterで注意喚起を行っています。また、楽天カードも公式サイトにて「不審なメールが配信されている」と発表しています。

「口座振替日のご案内【楽天カード株式会社】(楽天カード)」などのメールに注意

rakute-card
画像は楽天カード公式サイトのキャプチャ

警視庁サイバーセキュリティ対策本部の公式Twitterは24日、楽天カード株式会社を装い、ウィルスをダウンロードさせるメールが拡散されていると注意喚起を行っています。

件名は「口座振替日のご案内【楽天カード株式会社】(楽天カード)」「【重要】カスタマセンターからのご案内【楽天カード株式会社】」だといい、本文中の「詳しくはこちら」をクリックするとウィルスがダウンロードされるとのことです。

楽天カードも不審なメールに注意喚起「直接ファイルをダウンロードさせるメールはない」

楽天カードも18日、「楽天カードを装った不審なメールにご注意ください」と注意を促すページを公開しています。

ウィルスに感染するなど被害にあう可能性があると説明し、差出人が「楽天カード株式会社」となっていても、見に覚えのないメールに記載されているURLは絶対にクリックせず、メールを削除するようにと案内しています

楽天カード株式会社は注意点として以下の3つを示し、「弊社からお送りするメールでお客様に直接ファイルをダウンロードさせるようなものはございません」と説明しています。

  • 身に覚えのない内容のメールに記載されてるURLはクリックしない。
  • URLをクリックしてファイルがダウンロードされる場合は開かない。
  • 不明な添付ファイル(zip)は開かない。

また、不審なメールでは「毎月20日に引き落とし」と書かれているとのことですが、楽天カードの引き落とし日は「毎月27日」とのことです。