Twitter、1ツイートの文字数を280文字に拡大 日本語は対象外

シェア数 アイコン 51

Twitter、1ツイートの文字数を280文字に拡大 日本語は対象外

Twitterは7日、1ツイートの文字数制限を280文字することを発表しました。対象となるのは日本語、中国語、韓国語以外の言語。Twitterは今年9月から1ツイートの制限文字数を280文字に拡大するテストを行っていました。

文字数を拡大で「言いたいことを発言できやすく、編集に時間をかけずにツイートできるように」

google-twitter-realtime-2015

Twitterは7日、1ツイートの文字数制限を280文字に拡大することを発表。対象となる言語は、日本語、中国語、韓国語以外の言語とのことです。

Twitterは今年9月より、一部のユーザーを対象に文字数を280文字にするテストを実施。この結果、Twitterのスピードとシンプルさを存続したまま、より表現できるようになったとしています。

「タイムラインが280文字のツイートで埋め尽くされる」ということはなかった

Twitterは280文字に拡大することで、ツイートを140文字以内におさめようと編集する時間が減り、1ツイートに考えを収めやすくなり、言いたいことを発言しやすくなったと分析。

Twitter-word-count

「タイムラインが280文字のツイートで埋め尽くされるのではないか」「みんな280文字の制限ギリギリまで使うのではないか」という心配があったとのことですが、テスト結果では140文字以上のツイートは5%、190文字を超えたツイートは2%だったとのこと。

また文字数拡大で、ユーザーのツイート回数も増加。ツイートへの「いいね」や「リツイート」などの他のユーザーからの反応も増え、フォロワーも増加したと報告しています。

日本語、韓国語、中国語が140文字のままになる理由については「書記体系の密度が他の言語に比べると違うので伝えられる情報の量が違う」と説明しています。