「スター・ウォーズ」新たな三部作の制作を発表、ネットで賛否両論「楽しみ」「もう終わりで良くない?」

シェア数 アイコン 55

「スター・ウォーズ」新たな三部作の制作を発表、ネットで賛否両論「楽しみ」「もう終わりで良くない?」

ルーカスフィルムが9日(現地時間)、映画「スター・ウォーズ」シリーズの新しい三部作を制作することを運営サイト「StarWars.com」で発表しました。発表によると、「最後のジェダイ」でメガホンを取ったライアン・ジョンソン氏が舵を取るそうです。

「スター・ウォーズ」新三部作はライアン・ジョンソン監督が主導

staewars-new-trilogy
画像はStarwars.comのトップページのスクリーンショット

ルーカスフィルムが運営するサイト「StarWars.com」で9日(現地時間)、映画「スター・ウォーズ」シリーズの新しい三部作を制作することが発表されました。

発表によると、新三部作を主導するのは「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でメガホンを取ったライアン・ジョンソン監督。

新三部作の第1部では、ジョンソン氏と長年のコレボレーションしてきたラム・バーグマンも参加するとのこと。

新三部作は「スター・ウォーズ」エピソード1〜9まで描かれてきた、スカイウォーカーのサーガとは別の物語になるとのこと

ルーカスフィルムの社長、キャスリーン・ケネディ氏は会見で、ジョンソン氏の制作した「最後のジェダイ」を絶賛。「新しい三部作の真っ白なキャンバスで、素晴らしいことをするでしょう」とコメントしています。

新三部作の発表を受け、ネットでは賛否両論「もう終わりで良くない?」「楽しみだー」

スター・ウォーズの新三部作の制作決定のニュースを受け、ネット上では「これは素直に楽しみ」「存命の間に全部見たい」など喜びの声があがりました。

また「なんだか嫌な予感がします」「蛇足やめよ」「嬉しいけどなんか違う」と、複雑な気持ちで受け止めている声も多く見られています。

最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は12月15日より全国で公開。公開を前に「金曜ロードSHOW!!では12月1日から3週連続で「スター・ウォーズ」を放送することが決定しています。「フォースの覚醒」は地上波初放送となります。

  • 12月1日「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」
  • 12月8日「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」
  • 12月15日「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」