ドラマ「電影少女」のアイ役、乃木坂46・西野七瀬に決定!原作のエロ要素に心配の声も

2017年11月14日 シェア数 アイコン 64

ドラマ「電影少女」のアイ役、乃木坂46・西野七瀬に決定!原作のエロ要素に心配の声も

2018年1月より放送される「電影少女」(テレビ東京系)で、乃木坂46の西野七瀬が野村周平とともにW主演を務めることが発表されました。ドラマ初主演となる西野は原作イメージに合わせ、髪を20cmカット。人生初のショートヘアーも解禁しました。

ドラマ「電影少女」のアイ役、乃木坂

video-girl-2
左:原作の天野あい、右:ドラマ版の天野アイ

桂正和による人気マンガ「電影少女」が2018年1月にドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」として放送されます。既に主演として弄内翔(もてうちしょう)を演じる野村周平は発表済みでしたが、ビデオガール・天野アイ役が正式に発表されました。

誰が演じるのか注目が集まっていたアイ役に選ばれたのは乃木坂46・西野七瀬。ドラマ初主演となる西野は、役作りのため原作イメージに合わせ、髪を20cmばっさりと切り落とし気合いは十分。

video-girl-1

原作を知らなかったという西野ですが、原作を読んで「でも女の子がかわいすぎて、読むのが止まっちゃう。画の破壊力がすごすぎて」とコメント。電影少女をドラマで周囲からも「何役?」と食いつかれると話しています。

アイドルである乃木坂46・西野の起用で原作のエロ要素はなくなる?

ファンからは実写ドラマ化&乃木坂46・西野七瀬の起用を喜ぶ声があがっていますが、一部では原作のエロ要素について心配する声があがっています。

エロい、エロくないは置いておいて、個人的な思いとしては「桂正和といえば”尻”だろ」と思っているので、尻だけはなんとかしていただきたいところ。というか尻に期待しています。

原作から25年後、再びビデオガールとの3か月の共同生活を描く

ドラマ版「電影少女」は原作から25年後を描くストーリー。原作の主人公・弄内洋太(もてうちようた)の甥である弄内翔がドラマ版の主人公。翔はごく普通の高校生ですが、両親の離婚を機に洋太の空き家で一人暮らしを始めます。

学校では同じクラスの美少女・奈々美に密かな恋心を抱くも、奈々美は翔の親友・智章に好意を抱くという状態。そんな時に、家でテープが入ったままのビデオデッキを発見。デッキを直して再生すると、ビデオガール・天野アイが出現。翔とアイの3か月に及ぶ共同生活が始まります。