不用品をスマホから即現金化「メルカリNOW」開始、CASHは買取最低価格を1000円に引き上げ

シェア数 アイコン 60

不用品をスマホから即現金化「メルカリNOW」開始、CASHは買取最低価格を1000円に引き上げ

株式会社メルカリは27日、フリマアプリ「メルカリ」内に、不用品をすぐに現金化することができる買取サービス「メルカリNOW」を開始しています。サービス開始直後、アクセスが急増し一時利用できなくなっていましたが、現在は復旧しています。

即時買取サービス「メルカリNOW」がスタート、スマホで撮影するだけで即現金化

mercari-now-1

株式会社メルカリは27日、スマートフォンのカメラで撮影するだけで、すぐに査定&買取ができる「メルカリNOW」を開始しています。同様のサービスでは先日DMMに売却された「CASH」が先行しています。

メルカリNOWは、通常のメルカリと違いユーザー同士の売買ではなく、メリカリグループの株式会社ソウゾウが買取を行うサービス。スマホで撮影した商品をメルカリの膨大な取引データを利用して査定、了承した場合即時入金されます。

売上金については、メルカリのアカウントに反映され、メルカリないでの買物にも利用可能。メルカリNOWでの1日の買取金額は上限1000万円となっており、先着順で終了。毎日10時に利用枠がリセットされます。

mercari-now-2

査定額の最大は2万円。お金にした商品は2週間以内にメルカリが自宅へ集荷。商品は株式会社ソウゾウがメルカリ内で販売するとのこと。

盗品や偽物対策、本人確認の徹底、人力でのサービス監視も

メルカリNOWでは盗品や偽物対策として、カメラロール内の画像は利用できない仕様。違反商品がないか250名以上のスタッフが365日24時間体制で監視や問い合わせも対応します。

また、初回利用時には古物営業法にもとづき本人確認書類(免許証、健康保険証、住民票、パスポートなど)のアップロードが必要。売上金の即時振込には本人名義の銀行口座登録が必須となっています。なお、未成年は利用できないとのこと。

サービス開始直後にアクセスが集中し負荷上昇、現在は解消

「メルカリNOW」のサービス開始が発表されると、Twitterなどで大きく話題に。その後、アクセスが急増したことから、サービスへの導線を一時非表示にする対応が取られていました。

その後、15:07には問題が解消。再び「メルカリNOW」が利用できるようになっています。

先行する「CASH」は買取最低価格を1000円に引き上げ

また、不用品をスマホから簡単に査定・買取・即現金化サービスとして先行している「CASH」は同日、買取の最低価格を1000円に変更すると発表しています。

cash

これまでは500円などでの買取もありましたが、どんな商品でも買取金額は1000円以上に。CASHは11月21日、運営する株式会社バンクをDMM.comが70億円で買収したことでも話題になっていました。