「チケットキャンプ」サービス一時停止、商標法違反および不正競争防止法違反の容疑

シェア数 アイコン 41

「チケットキャンプ」サービス一時停止、商標法違反および不正競争防止法違反の容疑

株式会社ミクシィは7日、子会社である株式会社フンザが運営する「チケットキャンプ」でのサイト上の表示について商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査当局による操作を受けたこととして、チケットキャンプでの新規出品、新規会員登録および、新規購入申し込みを一時停止を発表しました。

「チケットキャンプ」商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査

ticket-camp
チケットキャンプのキャプチャ

株式会社ミクシィは7日、子会社の株式会社フンザが運営するチケット売買サイト「チケットキャンプ」のサービスを一時停止することを発表しました。

「チケットキャンプ」のサイト上の表示で商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査当局による捜査を受けたといい、事件の詳細については現在捜査当局において捜査中とのことです。

ミクシィは、事実確認および原因究明のため、外部の弁護士を交えた調査委員会を設置するとし、委員会の構成等の詳細や調査結果については、決定次第発表すると説明しています。

サービスの「新規会員登録」「新規出品・リクエスト」「新規落札」が停止

また、株式会社フンザもチケットキャンプの新規会員登録、新規出品・リクエスト、新規落札を一時停止したことを発表しています。

現在出品中のチケットで落札前(取引成立前)のものについては、事務局が削除。取引が進行中のものは、取引が完了するまでサービスを利用できます。

なお、サービスの一時停止期間については未定。各機能の一時停止は、本日以降速やかに進めてるとし、チケキャンダンクシートとXFLAG JAMシートは対象に含まないとのことです。