ヒカキンの”買い物論”に感銘をうけるユーザーが続出「その時自分が買える1番良いものを」

シェア数 アイコン 114

ヒカキンの”買い物論”に感銘をうけるユーザーが続出「その時自分が買える1番良いものを」

YouTuberのヒカキンが9日、160万円もするフルスペックの「iMac Pro」を購入したことを報告する動画を公開。その中で「仕事におけるヒカキン流買い物論」として、自身の買物における持論を展開し、視聴者から称賛の声が集まっています。

ヒカキン流買い物論「その時自分が買える一番良いものを買ってきた」

hikakin-shopping-theory
画像はヒカキンのYouTube動画よりキャプチャ

ヒカキンはYouTuberになる前から変わらない1つの考え方があるとして、「仕事におけるヒカキン流買い物術」を紹介。その考え方で、人生が色々上手くいったのだそう。

ヒカキンは「自分の夢や仕事に関する物は、その時自分が買える1番良いものを妥協せずに買ってきた」ということだと説明し、YouTuberになる前のスーパーでのバイト時代、貯金も殆どなかったにもかかわらず、貯金がゼロになることを覚悟して、当時買える限界のスペックでiMacを買ったのだとか。

iMac Proより「買い物論」のほうがボリューム多め

この持論を野球選手に例え、「ギリギリ取れるか、取れないかの珠が飛んできたとき。もしかしたら1番良いグローブやシューズなら取れてたかもしれない、その1個下のグレードなら取れてないかもしれない」と解説。「本気で目指している夢だったら、全財産をはたいても買うべき」だとしています。

この考え方になった理由は母親の知人のスタイリストに影響されたのだそう。日本トップレベルのスタイリストだという母親の知人が、下積み時代に全財産を使ってシザー(美容師さんのハサミ)を購入。そのシザー1つから日本のトップレベルまで昇り詰めた話を知り「これやね」って思ったのだそうです。

また、ヒカキンは最後に「単純に値段が高ければいいというものではない」と補足し、性能が良いものであれば長期間使うことができ、自分への良いプレッシャーにもなる、と話しています。

ヒカキン流買い物論論に「いい話だった」「ぐっと来た」「勉強になった」など反響

この動画は多くのユーザーから反響があり、「いい話だった」「感銘」「素晴らしい」「参考になる」など称賛する声が寄せられました。

ヒカキンは他にも、高額&高性能なパソコンを購入する理由として、YouTuberは時間との戦いであり、パワフルなパソコンは「時間を買ってくれる魔法のマシーン」だと説明しています。