iPhoneをクラッシュさせる文字が見つかる、Appleは次期アップデートで修正へ

2018年2月16日 シェア数 アイコン 54

iPhoneをクラッシュさせる文字が見つかる、Appleは次期アップデートで修正へ

iOSで特定の文字を表示しようとするとiOSがクラッシュし再起動してしまうバグが見つかっています。このバグについて、Appleは次期アップデートにて修正することを発表しています。

iOSが再起動ループに陥る可能性も、特定の文字がクラッシュさせるバグ

ios-clash
日本語で「看板」を意味するテルグ語

iOSで特定の文字を表示しようとすると、強制再起動などOSがクラッシュしてしまうというバグが見つかり、世界中で話題になっています。

特定の文字というのはインドで使われている「テルグ語」で「看板」を表す文字。以下の動画はThe VergeのTom Warren氏が問題の文字を表示させ、iPhoneが強制再起動している様子。

メッセージアプリだけでなく、Twitterアプリなど多くのアプリでも問題の文字を表示させようとすると、強制再起動されてしまうようです。

問題の文字が拡散することを防ぐためか、現在はGoogle翻訳などでも表示されないように対策されているようです。

Appleは次期アップデートで修正すると発表

Appleは既にこの問題について把握しているということで、次期アップデートで修正されるようです。また、パブリックベータ版(iOS 11.3)ではこの問題は確認できないとのこと。

なお、この不具合が発生するのはiOSだけでなく、「macOS」「tvOS」「watchOS」でも同様に強制再起動されるなどの影響があるようです。