Google、短縮URLサービス「Google URL Shortener」を終了へ

シェア数 アイコン 193

Google、短縮URLサービス「Google URL Shortener」を終了へ

Googleは30日、Googleの提供するURL短縮サービス「Google URL Shortener」のサービスを終了すると発表しました。これまで生成された短縮URLについては、今後も利用可能だということです。

「goo.gl」リンクで知られる短縮URLサービスが終了

goo_gl
Google URL Shortener

Googleは30日、開発者向けブログ・Google Developers Blogにおいて、短縮URLサービス「Google URL Shortener」のサービスを終了することを発表しました。

今後数週間でサポートを中止。2018年4月13日以降は、これまで「Google URL Shortener」を利用したことがないユーザーや匿名のユーザーは短縮URL「goo.gl」のリンクの生成ができなくなります。

Gppgleは「Firebase Dynamic Links(FDL)」に置き換えるとしていますが、FDLは開発者向けのサービスであるため、一般ユーザーには「Bitly」や「Ow.ly」の利用を案内しています。

短縮URL「goo.gl」のリンク生成ができるのは2019年3月30日まで

これまでに「Google URL Shortener」を利用したことがあるユーザーは、2019年3月30日まで、「goo.gl」の短縮URLを生成することはできるとのこと。

なお、2019年3月30日以降、すべての短縮URL「goo.gl」は引き続き短縮前のURLへリダイレクトされるということです。