初代iMacの登場から20年、故ジョブズ氏の映像を公開 世界中から祝福のツイート

2018年5月7日 シェア数 アイコン 49

初代iMacの登場から20年、故ジョブズ氏の映像を公開 世界中から祝福のツイート

1998年5月6日、Appleは初代iMacを発表。2018年5月6日でちょうど20周年となることを祝福し、AppleのCEO・ティム・クック氏は同日、故スティーブ・ジョブズ氏がiMacの発表している映像を公開しています。

Appleの歴史で重要な製品の1つ「初代iMac」登場から20年

imac-g3
「iMac G3」

初代iMac(G3)が発売されたのは1998年5月6日。2018年5月6日でちょうど発表から20年が経ち、AppleのCEO・ティム・クック氏が1998年の発表会の様子をTwitterに投稿しています。発表しているのは当然、故・スティーブ・ジョブズ氏。

箱型のパソコンが主流だった当時、流線型のディスプレイ一体型のボディや”ボンダイブルー”と呼ばれたカラー、周辺機器の統一されたデザインのパソコンはとても画期的でした。また、インターネットも今ほど普及していない中、簡単にインターネットに接続できるという点も注目され、これぞAppleという印象を植え付けました。

iMacの歴史を辿ってみると、2001年まではこのデザインのiMacがアップデートされていき、2002年にiMac G4が登場。2004年には液晶ディスプレイ搭載のiMac G5が登場し、現在のiMacの原型が見えてきます。

2006年に登場するiMacからCPUがPower PCからIntelに移行。2007年から筐体の素材がポリカーボネートから、アルミを採用しはじめ、長くiMacのキーカラーであった白からシルバーに変更。現在はプロ仕様のiMac Proまで登場しています。

初代iMacの成功はApple急成長の足がかりとなり、2001年に「iPod」、2007年に「iPhone」が登場と、まさに現在のAppleを象徴する製品となりました。

世界中から初代iMac登場から20年を祝福するツイート

初代iMacの登場から20年を祝福しているのはティム・クック氏だけでなく、世界中のユーザーから寄せられています。

僕らの世代では初めてのMacが初代iMacだったという人も多く、ボンダイブルーのiMacを懐かしむ声も多く見られています。

アメリカで人気YouTuberのケイシー・ネイスタット氏も。

ジョブズ氏とも縁のある著名なテック系ジャーナリスト・ウォルト・モスバーグ氏も。

日本でAppleを語る上で外せない林信行氏も。

ちなみにケロロ軍曹も20周年だそう。