「機動戦士ガンダム」実写映画化、サンライズとLEGENDARYが共同制作

シェア数 アイコン 37

「機動戦士ガンダム」実写映画化、サンライズとLEGENDARYが共同制作

アメリカ・ロサンゼルスで開催されている「Anime Expo 2018」で6日、「機動戦士ガンダム」が実写映画化されることが発表されました。「パシフィックリム」などを制作したLEGENDARYとサンライズが共同で制作します。

「機動戦士ガンダム」実写映画化、Anime Expo 2018で発表

gundam-live-action-film
画像はサンライズが公開した動画「Sunrise Panel Gundam Short 2018AX」のキャプチャ

アメリカ・ロサンゼルスで開催されている「Anime Expo 2018」で6日、「機動戦士ガンダム」の実写映画化が発表されました。LEGENDARYとサンライズの共同制作となります。

LEGENDARYは「バットマン ビギンズ」「パシフィック・リム」や「GODZILLA ゴジラ」などを手がける大手制作会社。ガンダムの実写化は、宇宙世紀とモビルスーツを題材にしたドラマシリーズ「G-SAVIOUR」がありますが、実写映画化されるのは初めて。

発表後、バンダイ公式チャンネルやガンダムファンクラブのTwitterアカウントからも日本語でアナウンスがされ、発表時の様子を動画で公開しています。

映画の詳細については明らかになっていませんが、「全く新しい世界観のガンダムを生み出すことに挑戦する」とのことです。

ネット上では心配する声も「やめてくれ」「嫌な予感しかしない」「ドラゴンボールの二の舞」

「機動戦士ガンダム」として初の実写映画化ということで、ネット上では大きな話題になっていますが、「心配」「ドラゴンボールの再来」「嫌な予感しかしない」など心配する声が相次いでいます。

また「吹き替えの声優はオリジナルの声優?」「古谷徹さんがやってくれるのかな?」など、日本語吹き替え版の声優に期待する声もみられています。