ニコン、 「フルサイズミラーレスカメラ」開発を発表 新マウントを採用

シェア数 アイコン 34

ニコン、 「フルサイズミラーレスカメラ」開発を発表 新マウントを採用

株式会社ニコンは25日、新マウントを採用したフルサイズミラーレスカメラとNIKKORレンズの開発を進めていると発表しました。マウントアダプターを解することでFマウントのレンズも使用可能とのこと。

ついに、ニコンがフルサイズミラーレスカメラの開発へ!レンズには新マウントを採用

nikon-fullsize-mirror-less
画像はニコン公式Twitterより

株式会社ニコンが25日、新マウントを採用したフルサイズセンサー(ニコンFXフォーマット)を搭載したミラーレスカメラとNIKKORレンズの開発をすすめていると発表しました。

発表によると開発中のミラーレスカメラとNIKKORレンズは「ニコンの100年を超える歴史の中で築き上げてきた高い光学技術と製造技術、および画像処理技術に加え、デジタル一眼レフカメラ『D』シリーズを中心に培ってきたノウハウや知見を結集しています」とのこと。

フルサイズミラーレスカメラは新マウントを採用しますが、マウントアダプターを介することでニコン一眼レフカメラ用FマウントのNIKKORレンズも使用可能ということです。

フルサイズミラーレスの詳細は発売時期などについては未発表

フルサイズミラーレスカメラの詳細や発売時期については発表されていませんが、特設サイト「Nikon | Special Event 2018」では特別映像が公開されています。

なお日本経済新聞は、ニコンは「高性能センサーを搭載した高級機を年内にも発売する」と報じています。

Twitter上では、先行して公開されていた特別映像から、フルサイズミラーレスカメラを推測するユーザーも現れていました。