Apple 京都、所在地は「京都ZERO GATE」で確定か 「障子」モチーフが一致

シェア数 アイコン 36

Apple 京都、所在地は「京都ZERO GATE」で確定か 「障子」モチーフが一致

Appleは2018年中に2つのApple Storeをオープンする予定だと案内しており、その1つは京都になると言われています。現時点で正式な発表は行われていませんが、「京都ZERO GATE」に「Apple 京都」がオープンする可能性が濃厚です。

京都ZERO GATEの外装は「日本の伝統的な『障子』をモチーフ」、Appleの発表していた画像と一致?

apple-sotore-new-open
以前にApple公式サイトに掲載されていた新店舗の予告

Appleは2018年中にApple Storeを2店舗オープンすると案内しており、そのうち1店舗は「Apple 京都」になると噂されています。

これまでもApple 京都の候補地として有力視されていた「京都ZERO GATE」ですが、Appleが事前に告知していた画像と外装の模様が一致し、「京都ZERO GATEで確定」と見られています。

京都ZERO GATEの外装は「日本の伝統的な『障子』をモチーフ」とプレスリリースでも説明されているため、Appleが掲載していた画像と同じに見えます。

現在京都ZERO GATEの正面はAppleのロゴを設置するためとみられる足場が組まれているようで、Twitterでも報告するユーザーが現れています。

また情報サイト「KODAWARISAN」では、工事中の店内から見えた店内の様子を捉えた写真も掲載されており、Apple Storeでお馴染みの什器を確認することができます。

昨年8月には京都で「ストアスタッフ」の募集を開始していた

ちなみにApple公式サイトの求人情報では、2017年8月時点で「マネージャー」「ストアリーダー」などのストアスタッフの募集を掲載していました。

オープンは9月予定だといい、次期「iPhone」の発表&発売にあわせてくる可能性も?

施設名 京都ゼロゲート
イメージ画像 kyoto-zerogate
所在地 京都市下京区四条通高倉東入立売中之町 83-1