高島彩、Instagramを閉鎖「負の感情を生む場所になってしまっては悲しい」 悪質ユーザーがコメント荒らす

シェア数 アイコン 41

高島彩、Instagramを閉鎖「負の感情を生む場所になってしまっては悲しい」 悪質ユーザーがコメント荒らす

フリーアナウンサーの高島彩が10月26日、自身のInstagramを更新し、Instagramを閉鎖することを発表しました。

高島彩、インスタ閉鎖「周りの人まで心配させてしまい、悲しませていることもあり」

takashimaaya 21-55-49-164
画像は高島彩のInstagramより

フリーアナウンサーの高島彩が10月26日、自身のInstagramを更新し、2人の娘とハロウィンの仮装を楽しんでいる写真を投稿。

投稿では「これまでみなさんと交流できる場所としてInstagramを楽しんできましたが、色々考えまして、閉じることに致しました」とInstagramを閉鎖すると発表しました。

子どもとの日常を投稿することも多かった高島は、「なんてことない日常にお付き合いいただいて、あたたかい言葉をたくさんかけてくださったみなさまに心から感謝いたします」「みなさんの意見やアドバイスを直接聞くことができ、とても貴重な空間でした」と感謝。

続けて「それぞれ意見はありますし、それは大切なことだと思っています」とし、「せっかくコメントを寄せてくださっているみなさんのことを思うと申し訳ないのですが、周りの人まで心配させてしまい、悲しませていることもあり、この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので、撤退することに致しました」と閉鎖の理由を説明しました。

最後には「日々いろんな感情がありますが、清濁併せ呑む心をもっていたいものです。感謝ばかりです」「1年と少し、ありがとうございました。感謝」と結びました。

コメント欄で悪質ユーザーが荒らし行為、ファンが応戦しコメント欄が荒れていた

高島彩の投稿を振り返ってみてみると、特定のユーザーがコメント欄でいわゆる”荒らし行為”とも呼ばれる書き込みを行っており、ファンがこれに応戦する形でコメント欄が荒れていたようです。

Instagramのコメント欄については、タレントのローラが女性セブンに三代目J Soul Brothersの登坂広臣とお泊りデートが報じられた際にInstagramに批判コメントが殺到。コメント欄を非表示にしていました。