卒業発表の指原莉乃、ブログで改めて心境明かす「卒業したほうがいいという気持ちずっとあった」

卒業発表の指原莉乃、ブログで改めて心境明かす「卒業したほうがいいという気持ちずっとあった」

2018年12月16日

HKT48の指原莉乃が12月15日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた「HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~」のアンコールMCにて卒業を発表。同日、指原はブログを更新し改めて心境を明かしました。

「突然ビックリさせてしまって、ごめんなさい」「もう何年も前からずっと考えていました」

DudH_iMUUAEFr-q
画像は指原莉乃公式Twitterより

HKT48の指原莉乃が12月15日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた「HKT48コンサート in 東京ドームシティホール~今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!~」のアンコールMCで卒業を電撃発表しました。

コンサート直後、指原は自身のTwitterを更新し「今日のHKT48のコンサートで、卒業発表をしました。突然でびっくりさせてしまってごめんなさい」と報告。「また改めてアメブロに今の気持ちを書きたいと思っています。平成のギリギリまでアイドルを全力で楽しみます!」とコメントしていました。

同日20時32分頃、指原はブログを更新。「卒業発表」と題したブログで、「今日のHKT48のコンサートで、卒業発表をしました。突然ビックリさせてしまって、ごめんなさい」と改めて報告し、「突然思いついて発表したわけではなく、もう何年も前からずっと考えていました」と心境を吐露。

HKT48として活動していくなかで「やっぱりここでずっと楽しくやっていたいという思いが強くなります」と思いながらも、「ただ自分のためにも、グループのためにも卒業したほうがいいという気持ちもずっとありました」という指原。

メンバーの宮脇咲良と矢吹奈子がHKT48での活動を休止し、日韓合同のアイドルグループIZ*ONEで活動していくタイミングで「これからのHKT48を考えた時に、この壁はきっと私がいてみんなで乗り越えるでは意味がないんだなあと感じました」とコメント。

そして「今日のコンサートの日程を伝えられた時に、その日が発表するタイミングなんだなって。ファンの方はなんとなくわかってくれると思いますが、スタッフもわかってくれたようで何も言わずに背中を押してくれました」と、卒業発表に至った経緯を明かしました。

「私はHKT48が大好きです」「平成のギリギリまでアイドルとして粘りたいと思います」

続けて「私はHKT48が大好きです。出会ってからたくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん怒って、いろんなことを乗り越えてきた、大好きな仲間です。大好きなメンバーと大好きなステージに立ち、卒業発表できたことをとても幸せに感じています」と感謝した指原。

卒業公演は4月28日の横浜スタジアムで行われ、卒業後の5月28日にマリンメッセ福岡で「指原莉乃大感謝祭」が行われます。

最後に「平成のギリギリまでアイドルとして粘りたいと思います。笑」「短い時間ではありますが、全力で楽しみたいと思います」と結びました。