批判殺到の新ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」、タイトルを「人生が楽しくなる幸せの法則」に変更

批判殺到の新ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」、タイトルを「人生が楽しくなる幸せの法則」に変更

「ちょうどいいブス」という表現などに対し多くの批判が寄せられていた、お笑いコンビ・相席スタートの山﨑ケイのエッセイ「ちょうどいいブスのススメ」を原作とした同名ドラマが、ドラマタイトルを変更したと報じられています。現在は新タイトルでビジュアルも公開されています。

「ちょうどいいブス」炎上、タイトルを「人生が楽しくなる幸せの法則」に変更

choibusu
画像は人生が楽しくなる幸せの法則|読売テレビより

「ちょうどいいブス」という表現などがSNSで批判が殺到していた、お笑いコンビ・相席スタートの山﨑ケイによる人気エッセイ「ちょうどいいブスのススメ」を原作とした同名ドラマがのタイトルが「人生が楽しくなる幸せの法則」に変更されました。

同ドラマは情報解禁当初、「モテない美人よりモテるブス」「あなたも、そろそろ『美人』を目指すのをやめて、ちょうどいいブス(ちょいブス)を目指してみませんか?」「女性としての『生き方指南・共感ラブコメディー』」とされていました。

ドラマタイトルや内容に対し、批判の声がSNSで殺到する事態に。また、ちょうどいいブス役に夏菜や高橋メアリージュンがキャスティングされていることにも、様々な意見が飛び交っていました。

「ちょうどいいブスのススメ」で"ブス"とされているのは、外見だけのはなしではなく、「自己表現が下手くそ」「融通が利かない」など、生きづらさを抱えていることを"ブス"と表現されていました。

choibusu-1
「ちょうどいいブス」公式サイトに掲載されていたあらすじ(ちょうどいいブスのススメ|読売テレビ)

12月21日、公式サイトでは「ホームページリニューアルしました」とする新着情報とともに、公式サイトURLも変更。ドラマタイトルは「人生が楽しくなる幸せの法則」に変更。キャッチコピーは「自分をもっと好きになる!」とされています。

「人生が楽しくなる幸せの法則」にタイトル変更もSNSでは様々な声

批判が殺到した「ちょうどいいブス」というタイトルが、「人生が楽しくなる幸せの法則」に変更されたものの、SNSでは様々な意見があがっています。

原作者の山﨑ケイさんはTwitterで「ともあれドラマ面白いと思うので見てください」とコメント。12月20日、21日に公開された「telling,」でのインタビューでは、「ちょうどいいブス」という言葉が生まれたきっかけや定義について語っています。