「死にたいなら死ねカス」花田優一の仕事場にある落書きが怖いと注目、狂気じみた境地も必要と説明

2019年1月4日 シェア数 アイコン 35

「死にたいなら死ねカス」花田優一の仕事場にある落書きが怖いと注目、狂気じみた境地も必要と説明

1月3日に放送された「キスマイ超BUSAIKU!? 新春2時間半SP」(フジテレビ系)に、元貴乃花親方の長男で、タレント・靴職人の花田優一が出演。長年心にひっかかっているという「未解決事件」を解明するという企画で、花田の仕事場が映され、壁に描かれていた落書きが怖いと注目を集めていました。

仕事場の壁に「俺は何者んだ ゴミかカスか 死にたいなら死ねカス」、血のような赤い色も

hanada-yuichi
画像はPROFILE|YUICHI HANADAより

1月3日に放送された「キスマイ超BUSAIKU!? 新春2時間半SP」(フジテレビ系)に元貴乃花親方の長男で、タレント・靴職人の花田優一が出演。花田の仕事場の壁に描かれていた落書きが「怖い」と注目を集めていました。

番組では長年心にひっかかっている「未解決事件」をKis-My-Ft2のメンバーが真相に迫るという企画で、花田のエピソードを紹介。

花田は落語家・立川談志さんの長女・松岡ゆみことの交友関係を「未解決事件」としてKis-My-Ft2の宮田俊哉に相談しました。

注目されたのは花田の仕事場でのインタビュー中の場面。仕事場の壁にはマジックのようなもので大きく「俺は何者んだ ゴミかカスか 死にたいなら死ねカス」と殴り書かれた文字が確認でき、文字の上には血のような赤い色で塗った跡も……。

「壁に怖いこと書いてある」「闇を感じるんだが」など視聴者から相次ぐ

問題の落書きはわかりやすい場所に書かれていたため、番組側が気が付かなかったとは考えにくいですが、視聴者からは「怖い」「テレビで映す内容じゃないでしょ」といった声が相次ぎました。

他にも「壁が気になり過ぎて内容入って来なかった」「かわいそうになってきた」「闇を感じる」といったコメントが寄せられていました。

(追記)1月7日放送の「ミヤネ屋」で花田優一が落書きについてコメント

1月7日に放送された「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、花田優一が落書きについてミヤネ屋の取材に応じたコメントを発表。

花田は「酔っ払って書いたものではありません」と前置きし、「芸術作品を作る上で、ある意味 狂気じみた境地も必要だと思っています」「実は壁だけではなく、机にも同様のものがあります」「その時々に駆け巡る 自問自答のような言葉と言えばいいでしょうか」と回答しています。