スターバックス、8年ぶり値上げ ドリップ コーヒーなどの定番商品が対象

スターバックス、8年ぶり値上げ ドリップ コーヒーなどの定番商品が対象

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は2月8日、2月15日からドリップコーヒーなどの定番商品の価格改定を発表しました。定番商品の全体的な価格改定は2011年以来、8年ぶり。

スターバックス、定番商品を10円から20円値上げ

starbucks-drip-coffee
Starbacks ドリップコーヒー

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は2月8日、2月15日からドリップコーヒーなどの定番商品の価格改定を発表しました。

スターバックスが全体的な価格改定を行うのは2011年2月15日以来8年ぶりです。具体的にはドリップコーヒーんど定番商品の価格を10円から20円値上げします。

値上げ理由は「従業員および将来への投資」などと説明

スターバックスは「これまでも業界全体が、コーヒー豆を中心とした各種原材料、人件費、物流コストの高騰に直面している中においても、継続的に生産性を改善し、技術開発への投資をすることで、これらコスト上昇の多くを吸収する努力を続けてまいりました」と説明。

値上げについては「パートナー(従業員)および将来へのさらなる投資を可能にし、より多くのお客様にご支持いただけるスターバックス体験を提供するために、このたび、2011年以来の定番ビバレッジの全体的な価格改定を行うことといたしました」と説明しています。