Slack「新アイコンが暗くて見にくい」という声に応えアイコンを変更、”Googleフォトにそっくり”という指摘も

シェア数 アイコン 32

Slack「新アイコンが暗くて見にくい」という声に応えアイコンを変更、”Googleフォトにそっくり”という指摘も

Slackは2月27日、iOSアプリのアイコンが「暗くて見にくい」という声に応えアップデートを公開。白い背景のアイコンに変更されています。

Slack「新ブランドカラーを使っていきたいけど、ユーザーの使いやすさが一番大切」

slack

ビジネス向けチャットサービス「Slack」が「新アイコンが暗くて見にくい」という声に応え、アイコンの背景を白に変更するアップデートを提供しています。

Slackは今年1月、ブランドデザインのリニューアルに伴い、これまで複数のバージョンが用意され統一感のなかったロゴから、使い勝手の良い一貫性のあるロゴに刷新したばかり。

2019-01_BrandRefresh_Old-to-New-Final
今年1月にブランドデザインをリニューアルしロゴを刷新

Slackは「新アイコンが暗くて見にくい… という声にお応えして、白背景に変更しました!」と説明。また、「Slack 一押しの新ブランドカラー、オーバージーン (紫色) を使っていきたいところですが、ユーザーの皆さんの使いやすさが一番大切ですものね」と、ユーザーの使いやすさを重要視したとしています。

slack-1
slack-2
左:暗い背景のアイコン、右:白い背景のアイコン

また今回のアップデートでは「チャンネルを退出した直後にアプリを終了すると、新規メッセージがある度に、そのチャンネルがサイドバーに表示されるという不具合」が修正されています。

デスクトップ版「Slack」も白に変更予定、Google Photosにそっくりという指摘も

今回アイコン背景が「白」に変更されたのは、モバイルアプリのみ。iOSアプリだけでなく、Androidアプリでもアイコンが変更されています。

なおデスクトップ版Slackについても、今後「白背景」に変更されるとのこと。

また白背景になったSlackアイコンが、Google Photosのアイコンにそっくりだという指摘も。これは並べて使っていたら間違えそうですね……。