「遅刻常習犯目線から時間守る人にお願いしたい事」が物議、厳しい声が集中

シェア数 アイコン 36

「遅刻常習犯目線から時間守る人にお願いしたい事」が物議、厳しい声が集中

2月25日に「遅刻率が高い人にお願いしたい事」というツイートが話題になっていましたが、2月27日には「遅刻常習犯目線から時間守る人にお願いしたい事」というツイートが投稿され、厳しい意見が集中し物議を醸しています。

「遅刻率が高い人にお願いしたい事」が話題になり共感する声が殺到

be-late

2月25日、「遅刻率が高い人にお願いしたい事」とする投稿がTwitterに投稿され、ユーザーからは「めちゃくちゃわかる」「同意」「ほんとその通り」など共感する声が殺到していました。

投稿は「遅刻が確定した時点で何分遅れるのかはっきりして欲しい」「言い訳しないで欲しい」「まずはちゃんと謝ってほしい」「遅刻癖を正当化しないで欲しい」「そもそも遅刻しないで欲しい」という内容。

また一方で遅刻が多いユーザーからは「気をつけます」「耳が痛い」「がんばります」と申しわけなく思っているという声も寄せられるなど、多くのユーザーから反響を集めました。

バズったツイートを模倣した「遅刻常習犯目線から時間守る人にお願いしたい事」が物議

「遅刻率が高い人にお願いしたい事」が話題になった後、このツイートを模倣した投稿は数多く生まれましたが、その中で「遅刻常習犯目線から時間守る人にお願いしたい事」とする投稿が物議を醸しています。

投稿では「遅刻して待ってる時間は適当に過ごしてて欲しい」「+30分はデフォなので許してほしい」「あと何分で着くか聞かれるけどとりあえず100%到着するのは確実なので安心してほしい」「最終的には時間じゃなくて『到着したか否か』で評価してほしい」という内容。

この投稿にはネット上で厳しい意見や指摘が殺到。「私も遅刻常習ですが、こんなとんでもなく厚かましいことを言える人がいると風評被害でますます肩身が狭くなるのでやめて欲しい」といった声も寄せられていました。

時間はちゃんと守ったほうがいいですよね!