Twitter、公式アプリに「Twitterカメラ」機能を追加 左スワイプで瞬時にカメラ起動

シェア数 アイコン 25

Twitter、公式アプリに「Twitterカメラ」機能を追加 左スワイプで瞬時にカメラ起動

Twitteは3月14日、Twitter公式アプリに「Twitterカメラ」機能を追加したと発表しました。瞬時にカメラを起動したり、位置情報にもとずいたハッシュタグを提案したりする機能で、iOS および Android上で、順次提供されるということです。

Twitterホーム画面で「左スワイプ」するとカメラが瞬時に起動

twitter-camera
画像はTwitter公式より

Twitterは3月14日、Twitter公式アプリに「Twitterカメラ」機能を追加したと発表しました。より簡単に「いま」起きていることを撮影しツイートできる機能の説明しています。

アプリを起動し、ホーム画面(タイムライン)で左にスワイプすれば即カメラが起動。スポーツの試合中やイベント、テレビ番組の視聴中にTwitterで「いま」起きている出来事を瞬時に撮影することが可能になります。

位置情報を活用し、参加しているイベントのハッシュタグを提案

またツイートの位置情報をオンにすることで、参加しているイベントに関連するハッシュタグをTwitterカメラが提案する機能も含まれています。

この機能はアメリカのスポーツの試合とイベントのみで提供を開始。今後、世界各地での提供を予定しいるといいます。