NGT48・山口真帆さんが暴露「松村匠取締役に謝罪を要求された」「犯人グループと交際認めたメンバーもいる」

NGT48・山口真帆さんが暴露「松村匠取締役に謝罪を要求された」「犯人グループと交際認めたメンバーもいる」

NGT48の山口真帆さんが暴行された事件で、同グループを運営するAKSは第三者委員会の調査結果を説明する会見を開いている裏で、山口真帆さんが自身のTwitterを更新。AKSの松村匠取締役から「謝罪を要求されました」と明かしています。

松村匠取締役から謝罪を要求された、謝罪しなければ他のメンバーに謝罪のコメントを代読させる

yamaguchimaho
画像は山口真帆さんのTwitterより

NGT48の山口真帆さんが3月22日、自身のTwitterを更新。AKSの松村匠取締役に謝罪を要求されたと明かしました。

山口さんは「只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません」と投稿。

続けて「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。私が謝罪を拒んだら、『山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる』と言われました。他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました」と明かしました。

山口さんへの暴行事件についてAKSは21日、公式サイトで第三者委員会による調査結果を公表。「事件そのものにNGT48のメンバーが関与した事実はなかった」としていました。

【全文】NGT48・山口真帆さん暴行事件、第三者委員会調査報告書を公表「メンバーが関与した事実はなかった」

「なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか」

この日、AKSは第三者委員会の調査結果について会見し、運営責任者である松村匠氏、NGT48劇場支配人の早川麻依子氏、同副支配人の岡田剛氏が出席。山口さんは3人について、「記者会見に出席している3人は、事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていました」と投稿。

会見で、山口さんへの謝罪要求について質問された松村氏は「要求はしておりません」と否定。山口さんは「なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか」とつづっています。

(追記)NGT48・菅原りこもTwitterを更新しています。

(追記)山口真帆さんが再びTwitterを更新。「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈」と批判し、「証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」とつづっています。