Twitterの「ダークモード」自動切り替えに対応、新しいカラー設定も追加

Twitterの「ダークモード」自動切り替えに対応、新しいカラー設定も追加

Twitterは3月29日、公式アプリに「自動ダークモード」機能を追加したと発表しました。また通常のダークモードにも新カラー「ライトブルー」も追加されています。

Twitter公式アプリに新機能「自動ダークモード」夜になると自動でオン、朝になると自動でオフ

twitter-darkmode-new-1

Twitterは3月29日、公式アプリで利用できるダークモードに新機能「自動ダークモード」を追加したと発表しました。

「自動ダークモード」は日没時に自動的にダークモードがオンになり、夜明け時になると自動的にダークモードがオフになる機能。

ダークモードはこれまで「夜間モード」とされていましたが、今回のアップデートからは「ダークモード」に統一。

twitter-darkmode-new-2twitter-darkmode-new-3
設定から「画面表示とサウンド」を選択する

さらに、ダークモードのカラーバリエーションも「ブラック」と「ダークブルー」の2種類が設定できるよう変更されています。「ブラック」に設定すると背景が完全な黒になるため、有機ELディスプレイを採用しているiPhone XやiPhone XSではバッテリー消費を抑える効果も期待できそうです。

Twitter公式アプリで「自動ダークモード」を設定する方法

「自動ダークモード」は、Twitter公式アプリの「設定とプライバシー > 画面表示とサウンド」で表示される画面から設定可能。ダークモードの「ブラック」「ダークブルー」も同じ画面から変更できます。

twitter-darkmode-new-4twitter-darkmode-new-5
左:ブラック / 右:ダークブルー

「設定」に自動ダークモードが表示されないという人は、アプリを最新版になっているか確認。最新版でも表示されない場合は、アプリを一度終了(マルチタスク/バックグラウンドからも削除)すると表示されるという報告もあります。