自宅の回線並みじゃないか……「5G」回線のスピードテスト動画が続々公開

自宅の回線並みじゃないか……「5G」回線のスピードテスト動画が続々公開

ベライゾン・コミュニケーションズは4月4日、携帯電話向け「5G」通信サービスを開始。Twitterでは5G回線のスピードテストを行った報告が続々とあがっています。すごい回線速度だけど不安定な模様。

米ベライゾンが「5G」開始、ダウンロード速度600MB超など報告続々

verizon-5g
Twitterに投稿された5Gのスピードテスト動画より

ベライゾン・コミュニケーションズが携帯電話向け「5G」サービスを開始。Twitterでは実際に5G回線を利用したユーザーやメディアが、スピードテストを報告しています。

ダウンロード速度600Mbpsを記録するなど、Ars Technicaは「自宅のインターネット回線より遥かに速い」といったレビューをしています。

なお日本での5G対応サービスは2020年に開始、2021年に全国での利用が可能になる見通し。サービス開始時点では利用できるエリアは限定されると見られています。

通信が不安定だという指摘も、快適に利用できるのは特定の条件下のみ?

CNETのレビューでは5G回線が不安定だと指摘。Ars Technicaも天気(雨や霧)や屋内など、環境の影響をうけてパフォーマンスが低下すると指摘しています。

また5Gに接続するユーザーが増えればネットワークは遅くなり、4Gよりもモデムも大きくバッテリー消費も多くなるため、スマートフォン本体のデザインとバッテリー寿命に影響するだろう指摘としています。