【比較】「Osmo Action」「GoPro HERO7 Black」スペック比較表、比較動画

【比較】「Osmo Action」「GoPro HERO7 Black」スペック比較表、比較動画

DJIは5月15日、新型アクションカメラ「DJI Osmo Action」を発表。アクションカメラとしては「GoPro HERO 7 Black」の強力なライバルにる製品で、前面にディスプレイを備えていることが大きな特徴。それぞれのスペックや動画の違いなどを比較していきます。

「Osmo Action」は「GoPro HERO7 Black」を超えられたのか?

osmo-action-vs-gopro-hero7-black

DJIが5月15日、新型アクションカメラ「DJI Osmo Action」を発表しました。前面に1.4インチのディスプレイを搭載していることが大きな特徴。

主要なスペックとしては、本体のみで完全防水(水深11m)で、強力な電子手ぶれ補正「RockSteady」を搭載。レンズはF2.8。センサーは1200万画素。

DJI - Osmo Action 紹介映像
DJI - Osmo Action Unleashed
DJI - Osmo Action 「新たな自分を、解き放て。」

アクションカメラとしては「GoPro HERO7 Black」とのガチ競合になりますが、GoProが採用しているスクリューマウントにも対応し互換性が確保されています。

価格も44,820円とGoPro HERO7 Blackよりも安く、ディスプレイサイズも大きく、さらに前面ディスプレイも搭載。撮影できる画角も魚眼モードのGoProに迫る145度。バッテリー性能もわずかですがOsmo Actionのほうが有利。本体側面に用意された「QSボタン」で各モードを切り替えることもできます。

音声操作が日本語に対応していない点やTimeWarpビデオやSuperPhotoなどGoPro HERO7 Blackが有利な部分はありますが、スペックを比較してみました。

「Osmo Action」「GoPro HERO7 Black」スペック比較表

※スマホで表示している場合、表はスクロールできます。

【比較】DJI Osmo ActionGoPro HERO7 BLACK
価格44,820円53,460円
ディスプレイ前面 1.4インチ
背面 2.25インチ
※背面はタッチスクリーン
背面 2インチ
※タッチスクリーン
防水水深 11m水深 10m
手ぶれ補正電子手ブレ補正
RockSteady
電子手ブレ補正HyperSmooth
センサー1/2.3インチ
1200万画素
1/2.3インチ(非公式情報)
1200万画素
カメラ画角 145度
F 2.8
JPEG / DNG
画角 98.7度
※魚眼モード 149.2度
F値 F2.8(非公式情報)
JPEG / GPR
動画4K/60fps(100Mbps)
MOV、MP4 AVC/H.264
4K / 60fps
MP4(H.264/AVC)、MP4(H.265/HEVC)
スローモーション8倍(1080p/240fps)8倍
HDR撮影(動画)最大 4K/30fps(写真)SuperPhoto
タイムラプス
※ TimeWarpビデオ
長時間露光最大120秒最大30秒
マイク2つ3つ
バッテリー1,300mAh
※ 最大 135分(1080p30fps、RockSteadyオフ)
※ 4K/60fpsで最大63分
1220mAh
※ 4K/60fpsで最大50分
充電時間90分USB 約4時間
専用充電器 約2時間
本体サイズ65 × 42 ×35 mm62.3 × 44.9 × 33 mm
重量124g116g
通信WiFi / BluetoothWiFi / Bluetooth / GPS
アプリDJI MimoGoPro App
ストレージmicroSDカード
最大256GB
microSDカード
最大256GB
音声操作英語・中国語日本語を含む10カ国語
その他QSボタンMicroHDMI搭載

「Osmo Action」「GoPro HERO7 Black」スペック比較動画

DJI OSMO ACTION - FIRST LOOK & COMPARISON
DJI OSMO Action Test Footage Extravaganza!
DJI OSMO ACTION vs GoPro Hero 7 Black [4K]
DJI Osmo Action VS. GoPro Hero 7 Black! Which One Should YOU Get!?