Instagram、IGTVでの「縦型動画縛り」を解除――横型動画に対応

Instagram、IGTVでの「縦型動画縛り」を解除――横型動画に対応

Instagramは5月23日、動画プラットフォーム「IGTV」において横型動画を投稿可能にすると発表。IGTVはこれまで縦型動画のみに対応していることが特徴でしたが、Instagramが正方形以外のフォーマットで投稿できるようになったのと同じく、クリエイターとユーザーにとって「正しい変化」だとしている。

IGTVが横型動画に対応!クリエイターとユーザーからの要望をうけ

IGTV-Landscape

Instagramは5月23日、動画プラットフォーム「IGTV」において横型動画(ランドスケープ)を投稿可能にすると発表した。

横型動画への対応を求めるクリエイターは多く、本来は横型動画であるコンテンツを回転させ縦型動画にとしてIGTVに投稿しているクリエイターもいたという。そういったクリエイターのファンから、もっと自然な方法で動画を見たいという声もあがっていたのだとか。

例えば分散型動画メディア「ONE MEDIA」の投稿するIGTVも横型動画をそのまま回転させ、縦型動画として投稿している。ユーザーはスマートフォンの回転をロックして、スマホを横向き持ち変える必要があった。

line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る

line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;">ONE MEDIA|ワンメディアさん(@onemediajp)がシェアした投稿 -

横型動画に対応することで、クリエイターの表現の幅や、ユーザー体験も改善される。Instagramは「ユーザーとクリエイターにとって正しい変化」と説明している。

Instagramも2015年までは正方形の画像しか投稿できなかった

Instagramが投稿形式を変更することはこれが初めてではない。2015年までのInstagramでは正方形の画像しか投稿できず、それが大きな特徴だったが、長方形での投稿も開放したことが大きな成功につながったとし、IGTVも横型動画を開放することで同じような成功につながると期待していると説明している。

日本ではYouTubeやTikTokなどが目立つ動画プラットフォームだが、海外ではYouTuberのリリー・シンなどIGTVだけで視聴できるオリジナルコンテンツを制作し、1つの動画で100万回再生を超える成功事例もある。

line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る

line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;">Lilly Singhさん(@iisuperwomanii)がシェアした投稿 -

横型動画の対応で、IGTVが再注目されるのか。YouTuberのIGTV参戦もあるかもしれないですね。