100円ショップ「ダイソー」からAppleのMFI認証済「Lightningケーブル」が発売

100円ショップ「ダイソー」からAppleのMFI認証済「Lightningケーブル」が発売

100円均一ショップ「ダイソー」は6月4日、AppleのMFI認証を取得したLightningケーブルを販売すると発表しました。価格は100円ではなくではなくですが、MFI認証済Lightningケーブルとしては格安。

100円均一ショップ「ダイソー」からApple認証済Lightningケーブルが登場

daiso-Lightning
画像はダイソー公式Instagramより

100円均一ショップ「ダイソー」公式Instagramは6月4日、AppleのMFiライセンスプログラムを取得した「Lightningケーブル」を発売すると発表しました。

MFiライセンスプログラムは「Made for iPhone」(Made for iPodなどもある)の意味で、Appleが定める性能基準を満たしていることをデベロッパが保証していることを示すもの。つまりAppleのお墨付きをもらったアクセサリーだけが取得できるもの。

"100円ショップのLightningケーブル"はすぐに断線してしまったり、バックアップ時のデータ送信ができなかったり、といった不具合があることもありますが、ダイソーのLightningケーブルであれば問題なく使用することができます。

100円ショップのLightningケーブルだけど500円です

100円ショップ「ダイソー」のLightningケーブルということで、「100円でLightningケーブルが買えるの?」と思ってしまいますが、残念ながら500円(税抜)です。

ですが、MFI認証のLightningケーブルが500円で買えるのは破格。同じくMFI認証済のAnkerのLightningケーブルの定価は1,299円(Amazonでは880円※ 記事公開時)です。価格が近いところではHeardearがMFI認証済Lightningケーブルを699円で販売していますがダイソーの安さには及ばず。

全国のセブン-イレブンでもApple純正アクセサリーの取扱が開始されていますが、緊急時にとりあえずLightningケーブルが必要という時はダイソーにも売っていると覚えておきたいですね。