Instagram、いじめに対抗する新機能を発表――AIに指摘させ加害者に反省の機会を与える

Instagram、いじめに対抗する新機能を発表――AIに指摘させ加害者に反省の機会を与える

Instagramは7月8日(米国時間)、オンラインいじめに対抗するための2つの新機能を発表しました。1つはAIを活用し、コメントに悪意があった場合に投稿者に指摘する機能。もう1つは、いじめ加害者の投稿を、他のユーザーから見えなくする機能です。

Instagram、オンラインいじめに対抗する新機能を発表

instagram

Instagramは7月8日(米国時間)、オンラインいじめに対抗するための新機能を2つ発表しました。Instagramは「いじめが多くの人々、特に若者たちが直面する課題だ」「オンラインいじめとの戦いで業界をリードする」としています。

発表された新機能の1つは、「AIを活用して悪意のあるコメントを指摘する」という機能。

igjp_bullying_moment_20190709_asset1

誰かの投稿に対し、悪意のあるコメントを投稿しようとすると、「この投稿をしてもいいですか?」といった内容の表示があらわれるもの。

この機能をテストしたとりころ、一部のユーザーはコメントを取り消して反省し、その後は有害なことをシェアしなくなったといいます。

いじめ加害者をブロックやフォロー解除しなくても排除できる機能も

また「Restrict」という新機能では、いじめ加害者をブロックしたり、フォロー解除したりせずに、コミュニティから見えなくすることができます。

igjp_bullying_moment_20190709_asset2
I

nstagramは、はいじめ加害者をブロックしたり報告したりする行動は、若者のコミュニティでは逆にいじめがエスカレートする可能性があると説明。

新機能「Restrict」では、いじめ加害者を制限すると、いじめ加害者のコメントは加害者本人にしか表示されなくなります。また加害者側からは、ユーザーがアクティブなのか、DMを読んだのかもわからなくなります。

「Restrict」は近日中にテストを開始する予定とのことです。